リニアック室のデザイン検討

弊社はリニアック室を設計する上で、「機能的かつ落着きのある癒される空間」を常に心がけて計画しております。
また、医療機器の設置基準をクリアし、各施設に応じた設計プランをご提案いたします。

 
リニアック室の検討事項 リニアック室

遮蔽体を含めた構造について検討。(新築建物の遮蔽をする場合)

既存建物と追加遮蔽の構造について検討。(改修工事の遮蔽をする場合)

電気設備工事検討。(電源容量・配線ルート等)

空調設備工事の検討。(換気・エアコン等)

弱電設備工事の検討。(LAN配線等)

医療機器冷却装置の配管ルートについての検討。

 
リニアック室の検討について 医療機器設置に伴う平面図

リニアック室の設計に当たり、デザイン部分は基より医療機器特有の設備についても検討が必要となります。
天井面に設置する設備についても、安易に照明設備や空調設備を配置することができなく、医療機器の関係設備に干渉しないようにしなくてはなりません。
医療機器に必要な電源の配線や空調の配管などは、放射線を扱う治療室なので決められた範囲に壁を貫通し、設置をしなくてはなりません。

設計計画において医療機器の特徴を把握したうえで内装の計画を盛込む必要があり、治療をするに当たっての動線に問題がないか等も検討し設計致します。

 
仕上げ材に一工夫 打合せで心掛けていること

打合せで使用されている資料として平面図と断面図など、
いわゆる2Dでのご説明をしておりました。

平面図や断面図だけで打合せをしてしまうと内装が仕上がった際にイメージが違うと不満を持たれることがあります。
それを防止するために弊社では3Dパースを打合せに導入致しました。
着工前の打合せで完成の状況を立体的にイメージをして頂くことで安心して工事を任せて頂けるようになりました。
また、弊社のデザインでは、新しい技術の導入を積極的に取り入れております。
(右写真参照)

▲ ページトップ

 
医療施設・商業施設 設計施工