遮蔽計算とは?

遮蔽計算とは?

放射線遮蔽計算とは、放射線治療室の管理区域境界のから出ていく放射線量値が各病院施設で決められる測定基準値以下になるよう計算を致します。
また、計算ポイントしては管理区域の他、事業所境界、人が常時立入る場所、一般病室、居住区域等はあり、その各ポイントの値はそれぞれ決まっております。

  測定対象 法限度値
1 人が常時立ち入る場所 1mSv/週以下
2 管理区域境界 1.3mSv/3月以下
3 一般病室 1.3mSv/3月以下
4 居住区域 250μSv/3月以下
5 事業所境界 250μSv/3月以下
 

放射線遮蔽計算する際、安全で安心な施設を作るのは当然なことでありますが、
弊社では、それに加え無駄に過剰な遮蔽をしないようコストのことも検討しながら設計を致します。

また、他の放射線施設の線量の換算値の検討もしなければなりません。(RI施設・CT室・一般撮影室・他の放射線治療室(障害防止法の関わる施設))追加遮蔽がどの位必要かは、それら全部の資料を基に遮蔽計算し決まります。

放射線治療室の壁の厚みを決定する際は、医療機器のエネルギー・使用時間を考慮し遮蔽計算を行います。
下記の内容が変更となった場合、追加で遮蔽をする必要があるケースです。(改修工事)

 
追加で遮蔽をする必要があるケース

アイソセンターの位置の移動

使用エネルギーの増加(6Mev→10Mev)

方向利用率の増加(0.25→1.0)

使用時間の延長

 

自社開発の遮蔽計算ソフト

遮蔽計算ソフト

今までの遮蔽計算書の使用されてる図面は平面図と断面図、いわゆる2Dでの図面でした。
しかし、遮蔽で問題となる部分は2D上では出てこない部分です。
この事を理解しないで遮蔽材の寸法を決定した結果、施設検査での実測測定で遮蔽材の寸法不足による漏洩線量の基準値オーバーとなる施設が時々ありました。
その解決策として、当社では3Dシュミレーションソフトを開発しました。
当然3Dでシミュレーションなので、リニアックの全照射角度で十分な遮蔽厚が確保されているか確認できます。
また、機器から照射されるX線及び電子線照射と遮蔽材の位置関係が、視覚的にわかり易いものとなり、あまり遮蔽に詳しくない方にも理解しやすくなりました。
このソフトは、ガントリータイプのリニアックだけではなく、今まで遮蔽計算か困難とされていたロボットタイプのリニアックにも対応しています。

 

▲ ページトップ

 
医療施設・商業施設 設計施工